​診 療 案 内

当くりにっくは
全額自己負担の自由診療です
今の所、保険診療は行っていません

 

​がんの
よろず相談

AdobeStock_297964293_edited.jpg

高精度放射線治療の適応をはじめ、あなたのがんの状態について第三者的なセカンドオピニオン相談や適した施設・専門医師などのご相談や仲介、またご要望あればホームドクターとして定期的におともさせていただきます。

また、他施設の専門家の方々とも連携しながら、心理・スピリチュアルケア、補完代替医療、がんの支持療法(アピアランスケア、口腔ケア、食事療法など)など、がんに関連したさまざまな療養の相談や支援を承り、あなた本位の選択や決心をともにコーディネートいたします。

当くりにっくではYaDoc Quickを利用した電話またはZOOMでのオンライン診療も行っています。

一般の方向けYaDocQuickご利用説明サイトは画像をクリックしてご覧ください。

画像1.png
 
1.PNG
 

リキッド
バイオプシー
検査

AdobeStock_297964293_edited.jpg

採血のみで、がんで起きている遺伝子変異(異常)の情報や、適切な抗がん剤などの治療法選択や日本で承認された医薬品かの情報、がんの再発兆候や治療効果の早期追跡、などを行います。
くり返し検査を行うことができ、身体全体に存在するがんの情報を把握できるのが特徴の一つです(がんがある部位を特定することはできません)。

リキッドバイオプシー検査はCPMさまと業務提携しています。

画像1.jpg

​(仮)

2.PNG

主な対象がん種:乳がん、肝がん、肺がん、膵がん、前立腺がん、食道がん、大腸がん、頭頸部がん、甲状腺がん、膀胱がん、腎がん、子宮がん、卵巣がん、悪性黒色腫、肉腫、脳中枢神経系がん、など

 

がんの
心理療法

スピリチュアル
ケア

ご案内

AdobeStock_297964293_edited.jpg
 

がん
リンパ浮腫の
複合的
理学療法

(準備中)

AdobeStock_297964293_edited.jpg

 がんに伴うリンパ浮腫は、いろいろな生活の質を落とす原因になり、外見的にも心身の苦痛を伴います。病院にかかっていても放置され、進行してしまう方も多いです。

 発症早期から適切な生活指導・治療を行えば悪化を防止でき、また進行していても専門の施設で適切な対応をすることで症状改善可能ながんのリンパ浮腫。しかし現状では、積極的に治療を行う医療機関は全国でも数少ないようです。


 がんコーディネートくりにっくでは、病院の保険診療で必要な厚生労働省が後援する資格である「新リンパ浮腫研修※」修了試験に合格し、がん在宅訪問緩和ケア経験豊富な看護師2名とがん専門医(院長)がセラピストです。

 

 病院で治療後の慢性期リンパ浮腫に対する診療や複合的理学療法(ドレナージ、圧迫療法、各種指導)を、くりにっく外来あるいはご自宅など往診でも行います。 
 上肢、下肢、がん緩和など、いずれのリンパ浮腫も診療いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

3.PNG